ヒゲ脱毛の主流はレーザー脱毛

今は男性のムダ毛処理も一般的になり、その中でも髭の脱毛を希望する人が多いですね。

脱毛方法には、レーザー脱毛・光脱毛・ニードル脱毛などがありますが、光脱毛は効果が弱く、ニードル脱毛はかなりの痛みが伴うので、レーダー脱毛が主流と言えます。

レーザー

レーザー脱毛の特徴

特にレーザー脱毛は、脱毛後は毛が生えてくることは殆ど無く、太くてかたい髭であっても永久脱毛が可能です。

レーザー脱毛には大きく分けて2種類あり、一つは毛乳頭や毛母細胞を破壊し脱毛させる方法と、毛根に栄養を与えるバルジと言う部分を破壊し脱毛する方法があります。

また、出力にも多少の違いがあり、出力の違いが脱毛効果に多少差が出るのと、レーザー照射時の痛みの度合いに違いがあると言えます。

脱毛効果の差が出ますので、脱毛を完了するまでの回数にも差が出てきます。

脱毛に必要な回数

ツルツルに脱毛する場合、出力の高いダイオードであれば10回前後、出力の弱いメディオスターであれば15回前後と言った具合です。

脱毛周期は1か月に1回位のペースですが、3回目くらいから髭の量がどんどん減って来るのを実感できます。

日本で採用されているレーザー脱毛は5種類ありますが、それぞれ少しずつ違った特徴を持っていますので、自分の毛質や肌質、何を優先するかなどで自分に合ったレーザー脱毛を選ぶと良いでしょう。

公開日: